ピーチは「空飛ぶ電車」

ピーチは「空飛ぶ電車」というサービスモデルを大切にしています。従来の飛行機のようなサービスを展開するのではなく、「電車に乗るかのように乗れる飛行機」であることをモットーにしています。そのため様々なサービスが電車に似ています。

駅の改札口を通るかのようなチェックイン機

ピーチのチェックイン機は非常に簡素な作りになっています。
「手作りの機械なんじゃないか」と疑ってしまうようなものも。
自分でチェックインをし、飛行機に乗っていく流れは、まるで駅の改札口を通っているかのようです。
しかしピーチが開発したマシンは、実は世界最速でチェックインできると言われています。
それだけ簡単に、素早くチェックインができる機械なのです。本当に駅で電車に乗るかのように、飛行機に乗ることができます。

機内の飲食物は有料

新幹線の中ではワゴン車で飲食物を販売しているのと同じように、ピーチは機内での飲み物や食べ物が有料で提供されています。多くのLCCでもそうですが、こうすることによってコストを削減しています。
中にはユニークなメニューを用意していることも。
機内でナマズが食べられたり、期間限定のメニューがあったり。
就航先での有名な食べ物を食べられるということもあります。

時間厳守のフライト

他のLCCでもそうですが、ピーチは時間厳守のフライトを大切にしています。
出発時刻になれば必ず飛行機が飛び立ちます。
遅れてきた人も容赦なく置いていきます。
1日にできるだけ何往復もし、多くのお客さんを運ぶために、LCCのダイヤはとても窮屈に作られています。
そのため1本でも遅れてしまうと後のダイヤが乱れてしまい、たくさんのお客さんを運べません。
ダイヤを乱すことのないようにするために、ピーチをはじめとした格安航空会社はで定時運行を大切にしています。格安航空券を使って旅行に行く際には、遅れないように注意しましょう。

「おもろい」に共感したスタッフ

「面白い」を関西圏では「おもろい」と言います。ピーチの「空飛ぶ電車」というサービスモデルを「おもろい」と感じ、共感した人たちが集まっているため、ピーチは「空飛ぶ電車」として成り立ちます。
ピーチの正式名称「ピーチ・アビエーション」には航空会社にありがちな「エア」や「ジェット」という言葉がついていません。
これは単なる航空会社で終わるのではなく、「空飛ぶ電車」としてサービスを展開していこうという意向の表れです。
こうした考え方を「おもろい」と思い、それに共感した人たちが、ピーチの運営を支えています。
ピーチは「空飛ぶ電車」です。電車に乗っているかのようなサービスを提供してくれる航空会社です。「空飛ぶ電車」というモットーを大切にし、格安航空券を販売しています。

Similar Posts:

更新情報