ピーチのユニークな取り組み

ピーチは様々な取り組みで、たくさんの人を驚かせ、楽しませてきました。けれどもこれらは奇をてらうことを目的として生み出されたものではありません。お客様目線になった上で、コスト削減をしていく過程で生み出されました。

ふるさと納税でピーチポイント


市役所から出向してきた人のアイディアで、ふるさと納税でピーチポイントがつくようになりました。
ピーチポイントとは運賃や各種料金の支払いに使えるポイントのことです。
大阪の泉佐野市などでふるさと納税をするともらえます。
なかなかのイノベーションであると評価されています。
この案を考えた人は、「自分の街を活性化するためにはどうしたらいいのかを、ピーチの社員として考えた」と言っています。

「気軽すぎる旅」がモットー

「空飛ぶ電車」をサービスモデルにおいているため、できるだけ気軽に旅行が楽しめるよう、ピーチは常に工夫しています。
お客さんが思いついてパッと乗れるような飛行機を目指しています。
例えば地方の人が関西の病院に通院したり、北海道の学校に通う息子の部屋掃除に関西圏からお母さんが遊びに行ったり、台北の女性が沖縄の美容院に行ったり……など、今まで飛行機のユーザーでなかった人たちを、ピーチは利用者に取り込んでいます。

お客さんの声を聞く

デフォルメの5千円札
ピーチはお客さんの声を非常によく聞く航空会社です。
例えば関西圏の主婦が「ディズニーランドに行きたい。
片道5000円くらいで行けたら嬉しい」という意見を言ったことがあります。

ピーチはこの意見を参考に成田線を就航したら、とても人気の路線にすることができました。
格安航空券の利用者はいいところも悪いところもはっきりと言います。
ですから利用者の声を聞くことで何が求められているのかが分かります。
ピーチはちゃんと飛行機を飛ばすことと、お手頃な価格を徹底しています。

大切なのはコスト削減

ピーチは段ボール製のチェックイン機など、利用者があっと驚くような試みをしてきました。
けれどもそれはコスト削減のための工夫であって、奇をてらうことが目的ではありませんでした。
ピーチはコスト削減のための工夫を惜しみません。常に「どこかでコストが削れないか」と自問自答しています。けれども奇をてらうということを狙うことはありません。
格安航空券を販売していることで有名なピーチは、様々な場面で多くの利用者をいい意味で驚かせてきました。
それらは徹底したお客さま目線とコスト削減から生み出されたものです。
これからもたくさんの利用者から評価されることでしょう。

更新情報