ピーチは関西圏に経済効果をもたらした

ピーチは関空を拠点にしています。当初は「うまくいくわけがない」などの批判も寄せられましたが、結果として関西圏の人の流れを変え、多くの経済効果をもたらしました。ピーチが関空を拠点にしたことによって恩恵を受けた人はたくさんいます。

当初は批判もあった

ピーチが関空を拠点にすると決めた当初、専門家たちからは多くの批判が寄せられました。
「関空を拠点にして、格安航空会社がうまくいくわけがない」などの意見が多く寄せられてきました。
けれどもピーチ・アビエーションは関空を拠点にすることをやめませんでした。
「必ずうまくいく」と信じ続けていました。
その結果、多くの人から高い評価を得られる格安航空会社になりました。
また、関西圏の人の流れを変えて、多くの経済効果を生み出しました。

関空にLCC専用ターミナルが設置された


ピーチが関空を拠点にした理由は、関空にLCC専用ターミナルが設置されたことです。この専用ターミナルは「第二ターミナル」と呼ばれています。
海外の事例でも、格安航空券の販売はLCCを支えるインフラが整っていれば、格安航空はうまくいきます。
第二ターミナルが整ったことによってピーチも安定して運営していけるようになりました。
関西圏にはやく2000万人の人口を抱えており、韓国に匹敵するほどの経済規模があります。
京都や奈良などの外国人が訪れたいと思う、日本の名所にも非常に近いです。
また、首都圏に比べてアジアへのアクセスが約1時間早いという特長もあります。
24時間体制で離着陸できるのもLCCを飛ばすのには都合がいいです。
このような特長が関空にはあったため、ピーチは関空を拠点にすることにしました。
その結果、多くの格安航空券を取り扱う会社の中でも非常に高い評価を得られるようになったのです。

ピーチのおかげで関西圏の人の流れが変わった

右上がりのグラフ
ピーチが関空を拠点にしたことによって、関西圏の人の流れが変わりました。
人が全く使わなかったような場所にコンビニやファーストフードのお店が並ぶようになりました。
関空にアクセスするフェリーや電車、バスなども増えました。
早朝や深夜の利用者が増え、大阪・梅田から関空に向かう深夜バスは、朝3時の便でも満席になります。
ピーチが関空を拠点にしたことによって、その他の交通機関や企業の活動が活発になりました。
ピーチのおかげで関西圏では経済効果がありました。
人の流れが変わり、交通機関やお店の経営などに影響を及ぼしています。

Similar Posts:

更新情報